PS4『天穂のサクナヒメ』クリア後レビュー|面白さは「米作り」だけじゃない

PS4レビュー

2015年のコミケで体験版をお披露目してから結構な月日を経てようやく2020年11月12日に発売した本作『天穂のサクナヒメ』。

発売前~発売直後にSNS上で「農林水産省のHPが攻略本」「令和の米騒動」等がバズりにバズって結構な話題にもなりました。

というわけでストーリークリアまで遊んだので感想を中心にレビューしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『天穂のサクナヒメ』評価

75/100

  • 本格(風)稲作体験シミュレーションゲーム
  • 誰にでもわかりやすいストーリー
  • 稲作パートが楽しいかどうかで本作の評価が変わりそう
  • 横スクロールアクションは面白いが要改善
  • サクナがかわいい

プレイ時間:約27時間

”本格(風)稲作体験ができる恐らく唯一のゲーム。アクション部分やストーリーも十分及第点以上に面白い”

管理人が本作を知ったのが確か2018年の冬だったので、約2年間待ち続けたタイトルになりましたね。
いやー長かった。長すぎて開発中止になったんじゃないかと思ったぐらいです。

百万回ぐらい言われているであろう本作の魅力である稲作パート。

質の悪い稲を取り除く

柔らかくして田植えに備える

密集具合で米の出来が変わる

毎日の水温・水量調節はかなり大事

お好みの具合で調節可能

これが”稲作体験シミュレーションゲーム”としては割と本格的なんじゃないかと思います。

田植え前に選別作業・田起こしをして、田植え後は養分バランス・水量&水温の調節や草抜き、収穫後には稲架掛け・脱穀・籾摺り。

本作をプレイするだけで米作りの大まかな流れが理解できます。子供向けの教育ゲームとしてもいいんじゃないですかね?

苦労して収穫した白米ならおかず無し問題なし…かも

手間ひまかけて作った米の出来によって主人公サクナのステータス値に加算されるのも本作のユニークなポイント。

米にもステータス(格)があり

  • 量=命(HP)
  • 味=力(攻撃)
  • 硬=体力(防御)
  • 香=神気(術攻撃)
  • 美=運気
  • 粘=食力

にそれぞれリンクしています。

1年間の集大成

米の育て方や収穫時期によって収穫量が増えたり、香りの高い米にしたり毎年違う作り方をするのも面白かったですね(物語途中に入手できる指南書に書かれています)。

けっこう細かく教えてくれるので安心

本作の米作りをしているうちに、お米が好き、もしくは大事に思えるようになる素晴らしいソフトではないでしょうか。

長くなったのでアクションやストーリーについての詳細は割愛しますが、どちらも普通に面白いのでご安心してください。

不満点もあるが概ね面白い

誰にでもわかりやすいストーリー

 

そしてもう一点どうしてもお伝えしたいのが主題歌?の「ヤナト田植唄・巫 ―かみなぎ―」という曲。

ヤナト田植唄・巫 ―かみなぎ―(天穂のサクナヒメ主題歌)

いい歌なんですよ。いやほんとに。全部遊び終わった方ならきっとわかってくれるはず!

ついでにYouTube動画をもう一つ紹介。
ごはんソムリエ森崎博之さん(TEAM NACS)のプレイ動画もおもしろいので気になる方は一度ご覧になってください⇩

【ゲームさんぽ/天穂のサクナヒメ】ごはんソムリエ・森崎博之さんと一緒にお米づくり

 

一番驚いたことは製作した「えーでるわいす」には2人しかいないこと(もちろん外注はされています)。零細スタジオでこのクオリティの作品を開発したのはほんとに凄い!

本当にありがとう

開発者Twitterアカウント(@nal_ew)でも開発の様子やこだわりポイントを投稿しているので、今から見返してみるのも面白いかもしれません。

投稿内容で話題になったのは

  • 夏と冬で日照時間が違う
  • 気温モデルは長野県を参考にしている

など。

そんなこんなで話題に事欠かさない本作『天穂のサクナヒメ』。
米作りの大まかな流れ・専門用語・注意点なんかが気軽に学べる唯一のゲームソフトと言っても過言じゃないかもしれません。

子どもと一緒に遊んでも楽しそう

難しすぎない難易度のアクション、わかりやすいストーリーもあって取っつきやすく久しぶりにゲームする方にもおすすめのタイトルです。

PS4/Switch/Steamで発売中。おすすめはロード時間が短くて処理落ちがマシなPS4版です(PC環境が整ってるならPCも可)。

マイナスポイント

プレイしていて気になったポイントは

  • 稲作パートが面倒になってくる…かも
  • 時間経過が早く探索のテンポが悪い
  • 自宅選択時必ず入り口から(家の前でいいよ)
  • ダッシュ移動が欲しい
  • 右スティックを有効活用してほしい
  • 敵ダウン中が無敵で起き上がるまで待たないといけない
  • 見た目に反してアクション難易度がけっこうシビア
  • 管理人としてはサクナ以外のキャラがイマイチ

こんなところでしょうか。

まず言っておきたいのは「合わない人は絶対いる」ってこと。とくに稲作パートは正直なところめんどくさくなる人も出てくると思います。

朝起きて雑草除去&水の調整&肥料をまく⇨探索へいく⇨夕方帰還⇨雑草除去&水の調整⇨夕餉の献立を決める⇨朝まで休む

基本はこの繰り返しです(田植え前は選別作業、穂が実れば収穫・稲架掛け・脱穀・籾摺りの作業があります)(夜も探索は可能です)。

これが「めんどくさそう」と感じる人は購入を見送りましょう。絶対に合いません。

他にも
”夕方になるまでが早くて探索が捗らない”
”帰還時一番遠いところから戻らないといけない”
”敵ダウン中の無敵時間は待ちぼうけ(羽衣で対処しよう)”
”移動速度が若干遅く感じる”
”右スティックは一切触らない”
など細々とした不満点はありますが、まあギリギリ許容範囲でしょう。

まずはなにより稲作パートが楽しめるかどうかが一番重要ポイントです。

 

『天穂のサクナヒメ』概要

Nintendo Switch&PS4『天穂のサクナヒメ』ローンチトレーラー
タイトル天穂のサクナヒメ
開発元えーでるわいす
発売元マーベラス
発売日2020/11/12
フォーマットPS4
Switch
Steam
ジャンル和風アクションRPG
CEROB(12才以上対象)
公式サイトhttps://www.marv.jp/

美麗グラフィックで描かれる『天穂のサクナヒメ』は「ヒノエ島」を舞台に、島を支配する鬼と闘う爽快なコンボアクションと、日本古来の米づくりを深く再現したシミュレーション要素が融合したユニークな和風アクションRPGです。

 

レビューまとめ

previous arrow
next arrow
Slider
  • 本格(風)稲作体験シミュレーションゲーム
  • 誰にでもわかりやすいストーリー
  • 稲作パートが楽しいかどうかで本作の評価が変わりそう
  • 横スクロールアクションは面白いが要改善
  • サクナがかわいい

総評としては稲作・ストーリー・アクションどれも面白かったです(もちろん細かな不満点はありますが許容範囲)。

お米作りの工程などもザックリと学べますし、何よりお米を大事に使用する気持ちにさせてくれる良作なのでぜひともお子さんと一緒にプレイしていただきたいですね。

以上、PS4『天穂のサクナヒメ』のクリア後レビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました