【TURTLE BEACH ATLAS One】PS5使用レビュー|軽量エントリーモデル

ヘッドセットレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TURTLE BEACH「ATLAS One」

  • 定価5,400円のエントリーモデル
  • 本体重量は約245gと軽い部類
  • メガネゲーマーに優しいイヤーパッド構造
  • 5,000円台と言うことを考慮すれば音質には不満なし
  • 側圧は強い
  • 頭の大きい人には厳しそう(頭囲58cmでMAX調整)
  • 管理人の頭と形状の相性が良くなく装着感は良くない
【動作環境】
⇨PS5 Dualsenseに3.5mm直差し

今回レビューするのはTURTLE BEACHの密閉型有線ゲーミングヘッドセット「ATLAS One」。2019年発売、定価5,400円のエントリーモデルです。

結論としては

”245gと軽い&メガネに優しい構造。5,000円台のヘッドセットなら許容範囲内の音質なこともありマイナスポイントは少ない。が、管理人はあと5,000円出して他モデルを買う”

です。

5,000~6,000円の価格帯なら競合も多め。

レビュー済みモデル

どれも6,000円以下で購入可能。

音質については聴き比べしない限りどれも許容範囲内の良い音でほぼ違いが無いので、見た目や着け心地(店舗に足を運ぶ必要あり)で選んでください。

メガネゲーマーに優しい構造

管理人も含むメガネゲーマーに配慮したクッション構造になっております。

公式サイトでは

特許取得済のProSpecsメガネリリーフシステムには、メガネをかける箇所に柔らかいデュアルフォームイヤークッションが装備されているため、メガネから受ける圧力が軽減され、メガネをかけたゲーム愛好家は快適にプレーを続けることができます

とのことです。

確かにメガネのツル部分は他の部分よりも少し窪んでいるのがわかります。ツル部分が痛くなりにくい構造です。

約245gと軽量

重量はヘッドセットでは軽めの部類に入る約245g。管理人のヘッドセット選びの最重要事項が「軽さ」なのでこれは高ポイントです。

側圧は強い

他ヘッドセットとの比較

個人的にはこんな感じ。個人的にはほど良く側圧がある方が好みですが、さすがに少し強すぎて長時間は無理。

それよりもヘッドセット自体の形状が合わない…

イヤーパッド部分の可動域が少なくてジャストフィットしづらい。イヤーパッドが平行に近い方が違和感なく着用

40mmドライバーユニット搭載

まあこんなもんでしょう。5,000円台のヘッドセットと言うことを考慮すれば許容範囲内だと思います。

GT7・HorizonFW・アストロプレイルームを試しに遊びましたが特に不満はありません。定位感も悪くない。さすがPS5独自のTempest3Dオーディオ機能。

PS5™の“Tempest” 3Dオーディオ技術は対応ヘッドセットで発売日から体験可能! テレビ用バーチャルサラウンドサウンドも今後実装予定
PS5™の“Tempest” 3Dオーディオ技術を、対応ヘッドセットで発売日から体験可能! 将来のアップデートにてテレビ用バーチャルサラウンドサウンドを実装予定。

ただ、定位性に関しては純正「PULSE 3D」の方がやっぱり優秀に感じますね。さすが専用にチューニングしているだけのことはあります。

FPSやシューターは全然遊ばないので言及できません。他のレビューを参考にしてください
「音」については好みの部分が大半を占めていると思ってます。
管理人個人の感想なので、実際に聴いたときの印象と違うことが多々あります。実際に自身で聴き比べるのがベスト。

マイク音質は許容範囲内(跳ね上げ時ミュート機能付き)

友達とVCするぐらいなら特に問題なし。配信者などマイク音にこだわっている方はもう少しお金をかけましょう。

頭の大きい人は厳しそう

頭囲が約58~59cmほど、特別頭が大きいわけではない標準サイズの管理人でもMAXまで調整してようやくジャスト。頭が大きいと自覚している方はやめておいた方が無難です。

しかもMAXまで調整するとイヤーパッドの向きが合わなくて辛い。可動域が少なくて平行にできないのが原因だと思います。

コード類が取り外し不可で不便

コードは取り外し不可です。不便。

スポンサーリンク

外観&スペック情報

外観

付属品は本体・PC分岐ケーブル、あとはガイド・ステッカーと簡潔な内容。本体さえあればPS5では使用可能です。

 

シンプルな外観

 

全体的にマットな質感

 

イヤーパッドは90度回転します

 

左側に音量調整とマイク

 

マイクは短め。全指向性です

 

長さ調節は目盛りなど無し、クリック感も弱め

 

かなり柔らかい&メガネ部分は少しだけ窪んでいます。ただし合成皮革製で蒸れやすい

 

頭頂部部分も同様に合成皮革

 

無駄な装飾等もないシンプルなデザイン

スペック情報

TURTLE BEACH ATLAS One
型式TBS-6200-01
重量約245g
周波数帯域20~20,000Hz
マイク搭載
マイク特性無指向性
インピーダンス32Ω
接続方法3.5mm
商品ページhttps://jp.turtlebeach.com/

スポンサーリンク

レビューまとめ

  • 定価5,400円のエントリーモデル
  • 本体重量は約245gと軽い部類
  • メガネゲーマーに優しいイヤーパッド構造
  • 5,000円台と言うことを考慮すれば音質には不満なし
  • 側圧は強い
  • 頭の大きい人には厳しそう(頭囲58cmでMAX調整)
  • 管理人の頭と形状の相性が良くなく装着感は良くない

なかなか評価が難しいですね。

「5,000円台のヘッドセットを探してるメガネゲーマー向け」でいいと思います(ただし装着感はイマイチ)。音質については聴き比べでもしない限り不満は感じません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヘッドセットレビュー
ずゲ部~ずぶのゲームブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました